読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

教育ICTデザイナー  田中康平のブログ

教育ICT環境デザイン、ICT支援員、幼児教育とICT、など

新しい取り組み

教育ICT ICT支援員 ICT利活用
FacebookページNEL&M.Inc等でご存知の方もいらっしゃると思いますが
4月より新しい取り組みを始めます

ICT活用スクール
New Education Learning Studio=NELS 
for kids
for teachers
それと
幼稚園、保育園へのインストラクター派遣です

それに先立ち
と言うか、ようやく
弊社のWebサイト
を公開いたしました。
ドメイン移管中につき、アドレス変更の可能性が大です。

この数年
特にフューチャースクール以降
一人一台の情報端末の整備や
活用状況を見て感じて、サポートする中で
これで良いのか?
と、すんなりと受け入れられない自分がいました
一方
これからの生活でICTは欠かせないツールであり、より賢く、より温かく活用する方法を模索していました

現時点でたどり着いた答えの一つは
「小学生では、もう遅い」
ということです

三つ子の魂百まで

ではないですが

スマホに触れ始める
1〜5歳の間に
ICTとの適度な関わり方や
ICTをきっかけとした実体験の広がりを
親子で実感し

ICTって皆で使うと、もっと愉しいんだ!

という感覚を体得して欲しいと思っています

そのための場が無い、人が居ない

だったら、創ろう!

というのが、今回の取り組みの動機です

もう一つ
学校には電子黒板やタブレット端末がどんどん入り、使わなければならない空気に覆われつつあります

使いやすい環境なら良いのですが
いろんなケーブルに繋がれて
たまに機嫌が悪くなるICT機器たち...
これを授業という限られた時間の中で使いこなすのは大変です

ICT支援員さんがいっつもいてくれたら良いですが、そんな環境は稀です
習いに行こうと思っても
基礎的スキルや
学校特有のICT活用法を教えてくれる専門のスクールが無い、人がいない

だったら、創ろう!

とも思い、ここに至っています

幼児の生活や幼稚園、保育園にも
学校にも
ICT機器を導入したからといて
劇的に何かが変わるわけではありません

使うのは人です

その人支えるのも人です

こういった考え方が出来るようになり
行動に移せるようになったのも
数々の失敗と
周囲の支えと
現場で教えてくださった
多くの先生方
ICT支援員さん
子どもたちのおかげです

今まで以上に
直接関わって行きたいと思います

お時間がある時
お近くに来られた時は
ぜひ
弊社のICT活用スクールに遊びに来てください