読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

教育ICTデザイナー  田中康平のブログ

教育ICT環境デザイン、ICT支援員、幼児教育とICT、など

学校現場の理解から、教育とICTを考える。

「学校現場の理解から、教育とICTを考える。」

 最近、タブレットPCなどの活用や、学校へのICT導入などの研修の依頼をが増えてきました。

 研修会ではないところでも、ICTの活用について相談をいただいたり、個別でメールを送っていただくこともあります。

 そんな中で考えていることをまとめてみました。 

f:id:tanakou64:20150625183444j:plain

 怪我、体調不良、忘れもの、人間関係のトラブルなど、目の前の子供達の変化への対応。

 様々な調査への回答、教材費集計などの学級事務、分掌担当業務など校務に関する対応。

 地域の方々との関わり、各種行事、部活動などへの対応。

 様々な対応に追われ、授業準備や教材研究、子供達との対話の時間が思う様に取れない現状。

 そこへ流れ込む「ICTを活用しましょう」という風潮。

 学校現場には、全てが足し算で降ろされてしまいます。

 当然、消化できなくなってしまう。

 この辺りの現状を把握している方は、どれほど存在するのでしょう。

「ICTが導入されたら、業務が効率化され、教材研究や子供達と向き合う時間が増えます」

 そう言われ導入される、

「一般家庭や企業には存在しない、電子黒板やデジタル教科書(教材)、授業支援システムなどの学校専用」の機器やシステム。

 入札によってメーカーが変わる。新機能がどんどん増える。

 隣町へ異動すると、違う環境。

 見慣れないツールの操作を覚えるところから始めなければならない。

 家には練習する環境はない。

 さらに時間が、余力が奪われていく。

 こういう現場は、決して珍しくありません。

 こんな中で、教育の情報化やICTを利活用を推進し

 「使いましょう」「こんな機能がありますよ」

 と言ったところで定着するのでしょうか。

 教育の情報化や、ICTを利活用した教育等その側面だけをみると、タブレット端末や電子黒板、デジタル教科書(教材)など、新しいツールの普及とその活用について積極的な展開が図られているように思えてしまいます。

 しかし、それは学校の教育活動や子供たちの学習活動から見ると、

 「ある一部分」の話です。

 教師が常に取り組みたいことは

 「より良い授業の探求」のはず。

 学習者が望むのが

 「わかりやすい授業」のはず。

 「ICT」は、その手段の一つであるはず、です。

 本質的な授業改善の考え方は昔から変わることなく、課題設定や教材開発、児童の実態把握などが大切です。

 ICTを取り入れても、指導法や学習内容、子供達の活動がデジタルになるわけでありません。

 「教育は人の営み」です。

 ICTの導入が授業改善に直結しないことは、肌感覚でわかっていること。

 かえって改悪になる場合もあり得ます。

 「授業を問い直すキッカケ」としてICTの導入や活用がある。

 今の現状からは、そう捉えた方がよい気がしています。

 フューチャースクール等の先進的なICT環境を上手に取り入れた学校。

 新しい手法について慎重に研究するための教師間の情報共有や意見交換など、かつての学校に存在したであろう

「同僚性」

こういった教師同士の関わりを今一度見つめ直すことが、

授業改善や学力向上、情報活用能力の育成など繋がったと言われていました。

使える機能、使えるツールから無理せず試してみる。

教師自身が楽しみながら試行錯誤することを許容しあう。

今日こんな活用したよ。

これは便利だったよ。

ちょっと失敗した〜。

これは使おう。

これはやめておこう。

同僚同士でそんな言葉が交わされる中から、良いものが残っていく。

その結果、過剰な機器やシステムは減り、本当に役に立つモノが開発され、提供されることを期待しています。