読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

教育ICTデザイナー  田中康平のブログ

教育ICT環境デザイン、ICT支援員、幼児教育とICT、など

次世代型教育ICT環境整備事業計画モデルプログラム

ICT環境 教育ICT 教育ICTデザイン

「次世代型教育ICT環境整備事業計画モデルプログラム」

こうして文字で見ると長い名前ですね。(笑)

どこか削ろうと試みましたが、削るところは無い。

との結論に達しましたので、このまま行きます。

これは、何かと言いますと、

今後のICT導入に際して、教育委員会や教員、その他関係者が事業計画を立案する際の指針となるモノです。

ここ数週間でまとめ、Ver1.0が完成しました。

弊社(私)のオリジナルです。

数週間のまとめの裏には、十数年の蓄積があることも添えておきます。

さて、

次世代型教育ICT環境?とは

1to1の情報端末、電子黒板、デジタル教科書、反転、協働、21世紀型、、、など、

「これからの子どもたちに必要か?」

「効果的に活用する為にはどうしたら良いか?」

という視点で検討すべきICT環境を指します。

これ迄の事業計画は、予算管理及び入札担当部署が主導(というか、ほぼここだけ)して立案してきました。

予算獲得後は、入札執行まで従来の流れ・手続きに沿って粛々と進むだけ。

そのような中で「次世代型ICT環境」を整備する事には限界があります。

なぜなら、「最も肝心な部分」がスッポリ抜け落ちているからです。

「子ども」と「授業」です。

本来、その為に環境を整えるべきですが、

環境を整える事が目的となり、

一番大切な所が置き去りにされているケースがとても多いのです。

今年度、タブレット型情報端末の導入に代表される「次世代型ICT環境整備」を行う自治体は増えました。

※参考情報:教育家庭新聞社調査(2014年5月)

来年度以降の導入を検討し始めた自治体も増加しています。

これ迄の手法で計画し、実行していては

「導入したが、使われない」

の繰り返しです。

それは、絶対にいけません。

PC教室と違い、普通教室での活用をメインにしている次世代型環境では、

導入時の善し悪しが、その後数年間ずーっと授業に影響し続けます。

課題を分析しようとしても、

往々にして、担当者の異動により責任の所在は不明になります。

関係企業は、「ビジネスチャンス!」に惑わされ、

売りたいモノを提案してしまいます。

もう繰り返すべき時代ではないのです。

今こそ、「次世代型教育ICT環境整備事業計画」の立案、実行方法を問い直し、

しっかりと活用し続ける事ができる環境を、

「子どもたち」「授業」

から逆算して、導入して欲しいと願います。

 

モデルプログラムの一部を公表します。

「モデルプログラムの構成」

f:id:tanakou64:20140628062157j:plain

 

「ICTを含む学習環境整備計画の転換」

f:id:tanakou64:20140628060936j:plain

これが、基本的な進め方です。

「明確なゴール」からの逆算へ、発想を転換してみませんか?

そして、検討委員会などの体制づくりも

f:id:tanakou64:20140628061125j:plain

このような逆ピラミッド型で進めては如何でしょか?

その他、評価シート等の資料も含んでいます。

※制作:教育ICTデザイン - ICT活用スクールNELS と 教育ICTデザイン NEL&M

 

このタイミングで転換出来なければ、負の遺産になりかねません。

「これ迄と違う」=チャンス!

と、ポジティブに捉え、

普通教室で活用するという事の意味、

整備の在り方を問い直してみませんか?