読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

教育ICTデザイナー  田中康平のブログ

教育ICT環境デザイン、ICT支援員、幼児教育とICT、など

5歳児の活用例

「5歳児の活用例」

来春から年長さんになる5歳の子どもたち
1台のiPadを上手に使って遊んで(学ぶ?)くれました。
使ったアプリは
「ねこみっけ」

です。

愛嬌のある「どろぼうねこ」をみつけるだけのアプリ

ウォー○ーを探せ 的な感じですね。

一人の子が、iPadを操作して「どろぼうねこ」を探します。

他の2人は、プロジェクターに投影された大きな画面を見ながら

一緒に探したり、見つけるヒントを出します。

最初は

「あっちだよ〜」「むこう!」などの抽象的な表現が飛び交うのですが

操作している子が

「あっちじゃわからない〜」と

すると

「島の木の下〜」「かまくらの中だよ〜」

具体的な言葉で伝え合い始めました。

見つけると「やった〜」と皆で喜びます。

どろぼうねこの「みつかったにゃ〜」的なコメントが表示されるので

操作していた子に、そのコメントを読んでもらって終了。

これを順番に2回づつ繰り返して遊び(学び?)ました。
しっかり、コミュニケーションし

お互いの反応を観察しながら、次の言動を考えているようでした。
見つけた後は、なんともいえない嬉しそうな笑顔を見せてくれました。

iPadを使っている時間は、一人3分程度です。

3人の2周りで15分程度でしょうか。

大半は、操作している子のために、一緒に探す

分かりやすく伝えようと言葉を選ぶことに夢中でしたね。

ICTツールをきっかけに

相手や仲間との良い関わり方を見つけ出してほしいと思います。